介護療養型医療施設(27床)

基本理念

私達の看護・介護の原点【人間は生涯発達する存在である】

看護師長

  • 急性期からの患者様等、積極的にリハビリを行い、在宅復帰を目指します
  • 医療依存度が高く、24時間の看護体制が必要な患者様でも、ご家族や居宅介護支援事業所と連携を取りながら、無理のない範囲で在宅生活への可能性を探っていきます
  • 住み慣れた自宅で看取ることが理想ですが、様々な事情で叶わないことも事実です。そのような患者様の最後の時間を大切に苦痛の緩和を図りながら身の回りのお世話をします

介護療養医療施設・・療養型介護療養施設サービス費Ⅰ

医療ニーズが高く、介護を必要としている方の自立支援とそのご家族の負担軽減を目的とした、サービスの計画・提供をしております。その人らしい生活を送るために医療・看護・介護の専門家としての支援をいたします。もちろん個別リハビリも充実しています。

 短期入所療養 介護・・病院療養型短期入所療養介護費Ⅰ

ご自宅で生活されている要介護者の医療ニーズ、レスパイト等、ご自宅の生活ニーズに応じて、在宅生活を支援するため、短期間ご利用者様をお預かりいたします。その際にリハビリテーション、入浴なども行います。

 

自宅に戻るにあたって

ご利用者様がご自宅に戻る際には、入院中よりサービス事業者・医療機関との連携や調整、その他様々な便宜を図り、適切な在宅での療養環境づくりのための提案やアドバイスをいたします。

今日の日本の礎を築いてくださった人生の先輩であるご利用者様の意思および人格を尊重し、常にご利用者様の立場に立って明るく家庭的な雰囲気を大切に、自分が受けたい看護・介護サービスの提供に日々努めています。

私達の看護・介護の原点≪人間は生涯発達する存在である≫

肉体だけを見れば、高齢者は成長発達の峠を越して、機能が落ちて行く時期と思うことが通常ですが、人間としての発達には限りがないと信じています。人々はより良く生きるために日々努力を重ねて生きています。障害を少しでも克服しようと努力し、生きがいのある生活を求めています。人間としての成熟とは、若さ、美しさ、強さを超えたところにある、人間の生き方努力だと思えるのです。

人はみんな、どんな状態に置かれても、人間としての完成のために努力し続けているのです。

体が不自由になっても、認知症状を呈しても、みんな一生懸命生きているのです。残された能力に着目するするだけではなく、生涯発達の視点を持ち、人間は年をとっても、体験し学習することにより、発達をし続けているのです。

人間としての成熟に向けて発達し続ける存在なのです。そんな素敵な存在の人間!私たちは一貫して高齢者に対する尊敬の姿勢を保ち続けます。

TEL 0297-78-3365
FAX 0297-86-6052