整形外科(一般・リウマチ・スポーツ)

ご挨拶

整形外科は骨・関節のみではなく、脊椎、脊髄、末梢神経、筋、靱帯を含めた極めて広い対象を扱う診療科です。関節・筋の痛み、手足のしびれ、手足の感覚がおかしい、力が入り難い、関節の変形、手足の関節の腫れ、骨折や脱臼、捻挫、突き指、肩の凝り、腰痛・脊柱変形などの症状でお悩みでしたら、整形外科を受診してください。また、高齢者の方で膝が痛いなどでお悩みの方もご相談ください。当院では手術療法のみを行うのではなく、各種の保存療法、とくにリハビリテーションと密接な連携をとりながら診療をすすめています。

診療内容

整形外科は主に運動器(骨・関節・筋肉)の疾患を治療する分野です。

  1. 四肢外傷・骨折・捻挫一般の手術治療・保存的治療・リハビリ治療
  2. 関節痛・腰痛等に対するペインクリニック
  3. 運動器にかかわる代謝性疾患(骨粗鬆症・通風等)の治療
  4. スポーツ障害治療

担当医

氏名 認定・資格
西間木 徹也 ・日本整形外科学会・日本リハビリテーション学会
・運動器リハビリテーション学会・臨床整形外科学会
・公益法人痛風財団・日本整形外科学会専門医
・日本整系外科学会リウマチ認定医
・日本整形外科学会スポーツ認定医・日本医師会産業医
早川 徹 ・日本整形外科学会・日本整形外科学会専門医
可知 芳則 ・日本整形学会・日本肩関節学会
・日本関節鏡・膝・スポーツ医学会(JOSKAS)
・日本整形外科スポーツ医学会・日本臨床スポーツ医学会
・日本整形外科学会専門医・日本体育協会スポーツドクター
・日本野球連盟医科学委員